当NPO法人の後援団体の闘真会館が、上海企業と業務提携の調印を行いました。

5月9日
当NPO法人の後援団体の闘真会館が、中国支部のさらなる成長の為、中国窓口として上海企業と業務提携の調印を行いました。

上海企業の代表はまだ30代の青年ですが複数の会社を束ねるホールディングスCEOで、空手にも深い理解をして頂いており、今後の発展を固く約束した調印式となりました。

調印式は、当NPO法人名誉総裁の立ち合いの下、オフィス(株式会社笹川総合研究所)がある東京で行いました。